ストレスについて

​              

ストレスについて(1)                                                                                    2018/10/28

ストレスと病気という点では,ストレスは万病の「もと」ですが,ガンにしろ,心臓病にせよ,メンタルな病気にせよ,ストレスが原因の一つとされる病気は数多く指摘されています。震災のような災害の直後ですと,避難所での生活,不意に来る余震,衣食住がままならず危険にさらされ,明日の見通しも立ちにくい中では心穏やかでないことも多いことでしょうし,体調を崩される原因としてのストレス,というのは想像しやすいかもしれません。そう考えるとストレスって嫌なもの・・・,と思われがちですが,じつは,ドイツでのサッカーのワールドカップの期間中に心臓病になって搬送される数が増えた,という研究・報告もあり1),必ずしも嫌なことばかりがストレスや病気の原因というわけでもなさそうです。

ストレスとはもともと,物理学の用語です。英和辞典でstressという単語をひいてみると「圧力」といった意味が出てきます。物体を押し曲げたり,変形させたりする力のことをストレスと言っていたのです。それが幾たびかの転用の後,今では「嫌なこと,大変なこと」くらいの意味になっているようです。

もともと物理学の用語であったストレスという言葉を,私たちの身体の反応と結びつけたのは,ハンス・セリエ(Hans Selye)というカナダの生理学者です。彼は,外部からの刺激を受けて,それに身体が適応するプロセスを検証しました。風船に力を加えると形が変わり,またもとの通りに風船が戻ろうとするような「適応」のプロセスを想定し,ホメオスタシス・生体恒常性といった概念2)も踏まえられています。そして,外部からの刺激をストレッサーと呼び,私たちにとってストレスを感じさせるものが何なのか,分類・整理しました。そこでは現代の私たちが一般にイメージする不安や緊張といったもののほかに,暑さ・寒さや薬物もストレッサーとして分類されています。

ここで少しストレスという言葉を理解する側に多少の混乱が見られるようになりました。ストレッサーという言葉によって,「圧力」としてのストレスとの違いがあいまいになり,いまでは,ストレスという言葉は「嫌なこと」(原因)といった意味にも,「嫌なことを受けている」(状態)にも使われるようになりました。「○○がストレス・・・」という言い方がありますし,「もう本当に,ストレス・・・」と言ったりもします。原因としても,状態としても理解できますし,あえて「ストレッサーは・・・」と言う人は稀でしょう。

ストレスをなくしましょう,とはよく聴かれる言葉ですが,実際にはなかなか難しいものです。まったくストレスのない状態を目指すよりも,上手にストレスとつき合えると良いのかもしれません。(つづく)

 

 

1)Wilbert-Lampen, U. M.D., Leistner, D. M.D., Greven, S. M.S., Pohl, T. M.D., Sper, S.,  Völker, C., et al.(2008). Cardiovascular Events during World Cup Soccer. N Engl J Med, 358, 475-483.

2)ホメオスタシス(homeostasis)とは,W・B・キャノンによって命名された造語です。フランスの生理学者,クロード・ベルナールの提唱した概念----生命の特徴の一つとして,生物がもつ,自分自身の生体内の状態を一定に維持しようする自己調整能力----を踏まえています。この自己調整能力が失われると,病気や死に至るとベルナールは考えました。

 

≪参考文献≫

Selye, H.(1976).The Stress of Life, revised edition.New York: MacGraw-Hill.セリエ,ハンス.(訳)杉靖三郎,田多井吉之介,藤井尚治,竹宮隆.(1988).『現代社会とストレス』.東京:法政大学出版局.

ストレスについて(2)                                                                                                                                                          2019/1/9

ストレスとは嫌なもの,と思われがちですが,厳密に考えれば,嫌なことに限らないので注意が必要です。遠足や旅行,その他の一見楽しいイベントも楽しいばかりではなく,それなりに疲れを自覚したりします。「楽しかったけれど,ちょっと疲れたね」とは行程がひと段落した際に抱く珍しくない気持ちではないでしょうか。

ストレス(ストレッサー)の分類には,立場によってさまざまで,決定的なものはありませんが,次のように考えるのも一つの方法です。

 

 ①身近な環境のこと; 暑い・寒い・うるさい・くさい,など・・・

 ②ご自身の身体のこと; 病気・けが・空腹・疲労,など・・・

 ③人間関係; 家族や友人のこと・親戚や近所付き合い・会社での人間関係,など・・・

 ④環境変化; 災害・天変地異・引越し・進学・就職・転職・結婚・社会環境の変化,など・・・

これらについては,いずれか,というものではなく,これらの要素を程度の差こそあれ,併せ持つ,と考えると良いでしょう。たとえば,引越しをしたら慣れないことが多くてなかなか疲れが取れない,というのは,④に伴って,③や②が関係しているのでしょうし,生活環境が変わって,①も生じているのかもしれません。また,結婚なんていうのも,幸せだらけのことのようで,新しい環境・新しい人間関係を始める「変化の時」でもあり,ストレス(ストレッサー)になり得るものです。そして反対に,何もすることがない,というのも,これまでそれなりに忙しくしていた環境からの変化という点でストレス(ストレッサー)になります。たとえば,病院に入院すると,三食お世話つきで極楽か,と言えばそれほどでもなく,早く退院したい,家に帰りたい,という気持ちになるのが,健康的な心のありようです。心理学の実験で,密室にこもってある時間を過ごす,というものがあります。古典的で代表的なものでは,視覚・聴覚・(指先の)触覚が制限され,安静を保ち続ける,というものがあります1)。ただし,食事やトイレは許可され,報酬も与えられます。ストレスの点から考えると,一切の雑事から解放されるかのような環境ですが,そうした状態がずっと続くと,その実験の参加者は平常の状態を保てなくなりました2)。この実験から示唆されるのは,私たちは安静・安楽・安逸な状況であってもそれが長い時間続くことには耐えられず,「変化」を求めるものだ,というものです。しかし,「変化」はこれまで見てきましたように,ときに私たちに多少の緊張を与え,ストレスとなりえます。そう考えると,ストレスというのは避けるべきものなのか,求められるものなのかその違いが曖昧になってきます。身の回りにあるどんなものでも,私たちにとってはストレスの「もと」であるのです。しかし,私たちは必ずしも誰もが同じように身の回りのことをストレスに感じるわけではない,という点がストレスについて考えるときに難しい点です。同じことにしてもストレスに感じる人もいれば,そうでない人もいたりします。(つづく)

 

1)Heron,Woodburn.(1957).The pathology of boredom. Scientific American,196,52-56.

実験に参加したのは,男性大学生で,一日につき$20(当時)の報酬が与えられました。ほぼベッドの大きさの小部屋で24時間横になって過ごしましたが,外部との連絡方法は確保されていて,大学生が望む限り(for as long as they cared to stay),実験が続けられるというもので,強制性や人間性が著しく傷つけられるような状況ではありませんでした。

2)実験が始まる際には,参加者は(何もできない状況だから)勉強のことなどを考えていようと思っていたようです。実際,当初は勉強ことや個人的なこと,家族や友達のことなどを考えていたようです。時間が経過するにつれて,ある場面の細部を思い出そうとしたり,ただ数を数えたりするようになりました。さらに時間が経過すると,考えたいと思うことに集中して意識を向けることが困難になり,イライラするようになった,とのことです。そして,実験中はゴーグルをして視覚刺激を制限しているのですが,点や線といった「像」に始まり,「木陰にある岩」が見えてきたり,起きていると自覚しているのに夢を見ているような状態だった,と報告されたりしました。また,聴こえるはずのない音楽が聴こえてきたり,身体感覚が変わったり,距離感覚がおかしくなった,とも報告されました。敢えて,歌を歌ったり,口笛を吹いたり,詩を諳んじたり,といった態度も観察されました。

 

ストレスについて(3)                                2019/4/6

 これまで見てきたように,ストレスと言っても必ずしも嫌なこと,悪いことばかりでなく,好ましいとされること,楽しいことも,時にはストレスになってしまうことがあります。敢えてストレスを他の言葉に置き換えると「ふだんとは違うこと」くらいになって,その中核には「変化」が関係している,と考えられます。おそらく,これまでと違ったことが私たちにある種の緊張を与えるものなのでしょう。だったら,毎日,同じように暮らしていけばいい,とも考えますが,寸分違わずまったく同じように暮らせるわけにもいきませんし,自分の周囲は間違いなく変化していきます。そしてなにより,何も変化もないこと自体も私たちにとってはストレス(ストレッサー)です(「ストレスについて(2)」)。

 ストレスの「もと」はいろいろありますが,しかしすべての「もと」が同質かと言うとそういうものでもありません。少し古い研究になりますが,生活場面での出来事をストレスの程度で順位づけしたものがあります1)。その研究では,「Death of spouse(配偶者の死)」がもっとも高いストレス(ストレッサー)」とされました。興味深いところでは,「Vacation」や「Christmas」といったものもストレス(ストレッサー)として挙げられている点です2)。そして,こうストレスの強弱の順番を言われても,納得できるところとそうでないところがあるものです。誰もが同じようにストレスに感じるわけではない,というところにストレス問題の特徴のひとつがあるのです。ストレスの「もと」をどう感じるかは,次の3つの観点を総合的に考えてみると良いかもしれません。

  

  ①個人の資質

  ②環境

  ③「出来事」の衝撃度・関係の深さ

 

 ①の「個人の資質」とは,性格に代表される特性ですが,ポジティヴ/ネガティヴというような特性に限らず,知性や社会性(精神的成熟度・経験知),体力などが関係します。知性や社会性は適切な物事の処し方を裏打ちすることが多く,余計なトラブルに巻き込まれる可能性が低くなります。困難(ストレス)に見舞われたとき,どう対処すれば良いかといった見通しを立てたりできるのも知性や社会性と関係しています。また,体力なんていうのも存外大切で,体力は情況に立ち向かう気力を支えたりもします。

 ②の環境というのは,文化といった大きなものから地域,家庭,友人関係,経済力などを指します。男は弱音を吐かない,涙を見せない,女は家事をしっかりできて当たり前,などといった文化的な思い込みなどで,ストレス(ストレッサー)から逃れにくくしていることもあれば,自分を支えてくれる友人や家族の存在が救いになったりもします。また,一見して関係のないように思える「経済力」といったものもストレス対処に役立つことがあります。どうしても仕事のことでひどいストレスを感じる場合,仕事を辞めてしまってもしばらくゆっくりできる経済的な余裕があれば,ひどく疲弊する前にひと息つけ,「次の道」を見つけに行動を起こせるかもしれません。また,まれなことですが,お金のかかる場所に住み生活することを,トラブルを回避する処世として大切にする人もいます。海外旅行の際,お金が少しかかっても安心できる(とされる)ホテル・地域を選んだりすることに通底しているのでしょう。

 ③の「出来事」の衝撃度・関係の深さとは,「ストレス」の大きさ,関係のことです。命にかかわる「出来事」に遭遇するのか,自分との関係がどれくらい深いものなのかによって,ストレスに感じる程度に差があります。自分の家族が交通事故に巻き込まれたときと新聞で読む遠くの地域の会ったことのない人の交通事故では感じ方が異なります。命にかかわること,自分に関係に深いことほど,ストレスに感じやすくなると考えられています。

 これらのうち,関係の深さは別にして,③はあまり個人差が少なく,同様の条件での「出来事」に遭遇すると誰でも比較的同じような反応やショックを受けるものです。しかし,①と②については,少し個人差があったりします。この点については,「首尾一貫感覚(SOC)」として,少し違った角度から考えられてもいます。次回はこの点について,考えていきたいと思います。

1) Holmes,T.H.,Rahe,R.H.(1967). The Social Readjustment Rating Scale. Journal of Psychosomatic Research,11,213-218.

2) おもな順位は以下のようになっています。1;配偶者の死,2;離婚,3;夫婦別居。ただ,研究の方法としては,400名弱の人のアンケートによるもので,「結婚」をひとつの基準としてあらかじめ提示された43の項目が基準の「結婚」と較べてどうか,考えていくもので,しかも研究に参加した半数以上が,白人でプロテスタントというものでした。時代や文化を超えて普遍的な研究というものでもないようです。ちなみにもっと少ない(43番目の)ストレスは「軽微な法律違反」でした。

ストレスについて(4)                                                                                                                                               2019/7/18

  これまで,ストレスについて考えてきました。「ストレス」とはよく使われる言葉ですが,よくよく考えてみると存外難しかったりします。ストレスとされる出来事の質の違いもありますが,同じタイミングの同じストレスでもストレスの受け方は一様ではありません。この点について,アントノフスキーという健康社会学者は,なぜ病気になるのか,という発想ではなく,どうして健康が破綻しないで(病気にならないで)健康でいられるのか,という観点で考えました。これらは似ているようで大きく違います。なぜ,病気になるのか,という考え方ではその原因としての特質(病因)を取り除くことを目指します。たとえば,飲酒が病気の原因だから,お酒を飲んではいけません,という発想になります。一方,どうして健康でいられるのか,という考え方では,健康でいられる要因を高めましょう,ということになります。この,健康が破綻しないで(病気にならないで)健康でいられるのか,と考え方を「健康生成論(salutogenesis)」と言います1)。アントノフスキーは病気にならないでいられる支援の資源を「汎抵抗資源(generalized resistance resourses:GRRs)としました。GRRsには金銭や文化的な安定性,自我アイデンティティ,社会的なサポートなどが挙げられています。そして,この「汎抵抗資源;GRRs」を活用していく過程で体得される感覚を「首尾一貫感覚(sence of coherence:SOC)」とし,これらの2つが健康でいられるためには大切である,としました。「首尾一貫感覚;SOC」は次の3つの要因から成り立っています。

  ①把握可能感(comprehensibility)

  ②処理可能感(manageability)

  ③有意味感(meaningfulness)

 「把握可能感」とは,たとえばストレスについて言うなら,ストレス(ストレッサー)のことをどの程度理解しているか,ということになります。予測できるもの,説明できるものとして把握していることが大切です。そしてこれは,望ましくないことについても同様で,死や失敗は起こりうるが,その意味を理解していると「把握可能感」が高いとされます。

 「処理可能感」とは,困難は降りそそぐが,自分は社会資源や支援を活用したり,助けを求めたりして対処できるだろう,と思えるかどうかということです。「処理可能感」が高ければ,困難なことも対処可能な経験として挑戦の対象となり,そして挑戦しようとするその出来事はけっして耐えられない,というものではないないのです。

 「有意味感」とは,人生を意味があると感じている程度であり,人生の過程に生じるいくつかのことは精力を傾けかかわる価値があると思うか,ない方がましというのではなく,歓迎すべき挑戦と感じているか,という程度のことになります。けっして,大切ことの喪失などをうれしく思うことではありません。不幸な経験についてもそれに意味を見出そうとしたり,打ち勝とうと最善を尽くそうとすることになります。

 次回はアントノフスキーの上述の仮説に似ているものの,少し違った切り口,「社会格差」の点から,ストレスについて考えてみたいと思います。

 

1)Antonovsky,A.(1987).Unraveling the Mystery of Health: How People Manage Stress and Stay Well.San Francisco:Jossey-Bass.アントノフスキー,アーロン.(監訳)山崎喜比古,吉井清子.『健康の謎を解く ストレス対処と健康保持のメカニズム』.東京:有信堂高文社.

※本稿は,医療法人社団健心会のHP上で以前公表した原稿をもとに加筆・修正したものです。転載を快諾していただきました幡芳樹理事長に感謝申し上げます。

カウンセリング研究室 東京三鷹

〒180-0006

東京都武蔵野市中町3-5-24-603
​e-Mail: メールはこちらhttps://www.counselinglabs.com/

© 2020 Counseling Research Laboratory Tokyo-Mitaka